DREAMS Award 2014 受賞作品 入賞 安荘 多恵子さん(大阪府 42歳)

「ギターを弾いて歌うとメチャ楽しいよ!」

私が夢中になる楽しみは音楽です。母の影響で幼少の頃から洋楽を聴いています。小学生からピアノを始め高校からバンドを始め私にはいつも音楽が一緒でした。しかし29歳にMSとわかり症状が悪化するたびに出来ないことがどんどん増えていきました。握力も指の力もないのでギターもピアノも弾けなくなりました。感覚麻痺が手指にあるので弦をどのくらいの力で押さえているのか全く分からないのです。ピックを持ってストロークをしても指からピックは弾け飛んでしまいます。アルペジオでも弦を見ながらでないとピックがどの弦を弾いているのか分かりません。ピアノは鍵盤が重く感じて弾けません。ドラムは足に力が入らないので無理です。音楽を諦めて楽器も手放しました。しかし私が大好きなバンドのコピーバンドをしている人との出会いが音楽再開のきっかけとなりました。なんと彼等からコラボを誘われたのです。彼等も病気のことを理解してくれましたが今は力不足ですし体調面で迷惑をかけてしまうのでコラボはしていません。でもこれがきっかけでリハビリを兼ねて楽器をもう一度楽しみたいと思いました。弦やネックが太く弾くには力が必要なアコースティックギターとエレキギターも弾きながら歌うと気分も晴れてきます。今はキーボードですがいつか鍵盤の重い電子ピアノが欲しいです。練習をして驚いたことは身体が覚えていたことです。少しずつできるようになり1曲で疲れてしまいますが感覚麻痺があってもコードも弾けピックはテープで指に貼り付けています。歌いながらギターを弾くことはメチャ楽しいです。昨年から会社も休職となり経済面では大変ですが貴重な時間をもらえました。お世話になった上司の方々からの励ましやコピーバンドの友人達のお陰で前向きになれて感謝しています。貴重な時間を無駄にせず生活の為にも他の勉強もしています。音楽に興味があるなら歌いながら楽器をしてみて。楽しいよ!